やさしい保湿で赤ちゃん肌♡スイートアーモンドオイルの効果と使い方!髪やマッサージにも大活躍

スイートアーモンドオイルのイメージ

特徴 とろみのある高保湿オイル。炎症を和らげる作用があるといわれるやさしい使い心地でベビーオイルとしても人気。
こんなお悩みに ひび割れ、カサカサ乾燥、かゆみ、敏感肌
保湿 ★★★★★
エイジングケア ★★★☆☆
ダメージリペア ★★★★☆
質感 なめらかだが、仕上がりはしっとり重ため
使用タイミング 朝・夜
使用期限目安 開封後2~3ヶ月
注意点 ナッツアレルギーの人は使用を避ける

「無印良品にあるから使ってみたいけど、他のオイルと何が違うのかな?」

「私の肌の相性ってどうなんだろう?」

「スイートアーモンドオイルってどうやって使うの?」

スイートアーモンドオイルが気になるけど、わからないことが多すぎてためらっていませんか?

スイートアーモンドオイルは、なめらかなでマイルドな使い心地のオイルで、アロママッサージのキャリアオイルの定番の一つ。

なので、もしかしたら知らないうちにあなたも体験したことがあるかもしれません。

スイートアーモンドオイルのメリットまとめ

高い保湿力で肌をやわらかくしっとり仕上げてくれる上に比較的低刺激なので、ベビーオイルとしても人気があります。

乾燥肌はもちろん、デリケートなお肌にも問題なく使うことができるんですよ。

爪や髪など固い角質層にもしっかり浸透してツヤを与えてくれますし、よく伸びるので、ボディケアにも大活躍。

美容オイルの中でも比較的低価格なので、1本持っておけば全身うるうるツヤツヤでご機嫌に過ごすことができます♪

こんなにメリットたくさんのスイートアーモンドオイルを使ってみないなんてもったいない!

成分特徴や他のオイルとの違い、使い方を、元美容部員で美容オイルマニアの私がご案内します。

【私がこの記事を書いています】
ミナ
ミナ
30代。元高級エステ/化粧品通販ショップ勤務。奥深い美容オイルの魅力にはまり美容オイル専門webマガジン"ビューティーオイルジャーナル"編集長に。

魅力たっぷり!スイートアーモンドオイルの成分と効果

スイートアーモンドオイルの特徴

あなたは「そもそも自分にはスイートアーモンドオイルがいいの?他のオイルは?」と迷っているかもしれませんね。

まずは、スイートアーモンドオイルがどういうオイルなのかを知っておきましょう。

【成分】保湿のオレイン酸×保水のリノール酸で深くうるおう

スイートアーモンドオイルの成分
美容オイルの特性は含まれる脂肪酸の種類とバランスで決まります。

スイートアーモンドオイルは「オレイン酸」という保湿成分が70%~80%を占め、15%が「リノール酸」で構成されています。

オレイン酸は乾燥した固い角層にも強力に浸透する濃厚な保湿成分で、椿油やオリーブオイルといった高保湿を代表するオイルのメイン成分です。

リノール酸はサラサラとしていて、角層に素早く浸透し、肌の保水力をアップしてくれる成分。

この2つの働きをする成分が、潤いを捕まえ、閉じ込めてくれるので、スイートアーモンドオイルを塗るとふっくらみずみずしい肌をキープすることができるのです。

また未精製オイルには、紫外線ダメージから肌を守りツルツルにしてくれるビタミンEも豊富に含まれているので、美白が気になる人にもおすすめです。

オレイン酸を多く含む高保湿オイルは、保湿でニキビの予防をしたり、ニキビあとのケアにはよいですが、ニキビに直接つかうことはおすすめできません

クセのない使いやすさも万人向け

スイートアーモンドオイルを肌に塗ったところ

スイートアーモンドオイルを肌につけると、しっとりなめらかに伸び広がります。


通常、オレイン酸が豊富なオイルは固くてベタつきがち。一方で、リノール酸が多いオイルはすぐに浸透してしまって広範囲に伸ばすのには不向きです。

でも、スイートアーモンドオイルはオレイン酸を主体に適度なリノール酸が含まれるため、高い保湿力を持ちながらも、なめらかで伸びが良いのが魅力です。

この特徴があるので、マッサージオイルとしても使いやすく人気なんですよ。

それに、アーモンドそのもののようななじみのある香りなので、オイルを初めて使う人でも抵抗なく顔にぬれます。(オイルによっては生臭さや独特の酸味臭があるのです)

デリケートな肌もOK!日焼け炎症の鎮静にも

スイートアーモンドオイルは低刺激で炎症の鎮静にも使える
スイートアーモンドオイルは植物オイルの中でも低刺激でやさしい使い心地で知られており、ベビーオイルとしてもよく使われます。

また、ビタミンEが荒れた肌を整え、日焼けなどの炎症を和らげてくれるので、敏感肌にもおすすめです。

一方でナッツアレルギーの原因になるので、ナッツアレルギーを持つ人は使用を避けてください。

また、成分アレルギーが心配な方は、はじめに体の目立たないところに少量を塗るパッチテストを行いましょう

他のオイルとどう違うの?かんたんに比較してみた

アーモンドオイルと他のオイルの違い

ホホバオイルとスイートアーモンドオイル

ホホバオイル スイートアーモンドオイル
使用感 サラサラ とろとろ
仕上がり しっとりサラサラ とてもしっとり・もっちり
特徴 表皮の保護力が高い 保湿力が高い

ホホバオイルは他の植物オイルにはない「ワックスエステル」という保湿成分がメイン。

ワックスエステルは皮脂の代わりに肌表面を保護しながら潤いを閉じ込める働きをしてくれます。

それぞれ違う保湿機能を持っているので、乾燥肌・敏感肌の人はどちらかを選ぶのではなく、二つをブレンドしたり併用するのがおすすめです。

スクワランとスイートアーモンドオイル

スクワラン スイートアーモンドオイル
使用感 サラサラ とろとろ
仕上がり サラサラ とてもしっとり・もっちり
特徴 毛穴が目立つ・皮脂過剰な肌を整える 乾燥肌・肌荒れを整える

スクワランは美容オイルの中でも特にサラサラしていて浸透がとても早いのが特徴で、すぐにさらっと浸透してしまうため、マッサージには向きません。

保湿力はあまり高くなく、皮脂のバランスが崩れたオイリー肌、ニキビ肌のケアを得意としています。

ある意味、スイートアーモンドオイルとは真逆の性質を持ったオイルです。

アルガンオイルとスイートアーモンドオイル

アルガンオイル スイートアーモンドオイル
使用感 とろとろ とろとろ
仕上がり サラサラ とてもしっとり・もっちり
特徴 小じわや肌荒れが目立つ年齢肌向き 子供のデリケートな肌や乾燥肌向き

アルガンオイルはビタミンEが豊富で、肌をなめらかにする力に優れています。

一方、オレイン酸はスイートアーモンドオイルよりも少ないので、意外と保湿力は高くありません。

また、アルガンオイルは希少性が高いので、スイートアーモンドオイルよりも割高になります。

第一に乾燥対策をしたいならスイートアーモンドオイルがおすすめです。

【まとめ】スイートアーモンドオイルがおすすめなのはこんなアナタ

・ひび割れや粉ふきする乾燥肌
・かゆみや肌荒れが気になる
・肌がデリケート
・全身の保湿がしたい
・赤ちゃんから大人まで家族で使いたい

高保湿・低価格・肌に優しい・使いやすいというメリットがあるので、スイートアーモンドオイルは全身の肌の乾燥が気になる人や、ニベアやオロナインのように家族みんなで共有したい人にぴったりです。

逆にスイートアーモンドオイルが合わないのはこんな人です。

・ニキビが現在進行中
・ナッツアレルギーがある
・オイリー肌

こうしたお悩みにはスイートアーモンドオイルよりも、毛穴ケア向きでさっぱりとしたスクワランや、皮脂の調整力に優れるホホバオイルをおすすめします。

スイートーアモンドオイルの使い方(顔・髪・ボディ)

美容オイルの使い方イメージ画像

「スイートアーモンドオイルは私にぴったり!さっそく使ってみたいけど、オイルってどうしたらいいの?」

美容液オイルは化粧水でも美容液でもクリームでもない新ジャンルなので、使い方がわからなくて戸惑ってしまいますよね。

でも、そこまで難しく考えなくても大丈夫!

スイートアーモンドオイルは簡単に使えて、しかも全身のケアに使える便利なアイテムなんです。

【顔】たっぷりの化粧水の後に2~3滴

スイートアーモンドオイルの使用手順
毎日のスキンケアにスイートアーモンドを取り入れるなら、化粧水の後に2~3滴のオイルをハンドプレスすればOK。

高保湿オイルなので、この2ステップでフィニッシュでも大丈夫ですが、肌の調子にあわせてクリームや乳液を重ねても大丈夫です。

もしもオイルが塗りにくいと感じたら、化粧水や乳液に混ぜながら使うとムラなくぬれますよ。

化粧水の前に美容オイルを塗る「ブースター使い」も人気ですが、スイートアーモンドオイルは高保湿で浸透がゆっくりなので、そこまでブースターとしてメリットのあるオイルではありません。

もちろん、試してみてこちらの方が自分の肌に合っていると感じたのであれば、ブースターでも問題ないですよ。

朝も使えます!紫外線に強いので油焼けの心配不要

スイートアーモンドオイルは朝晩どちらも使えます。

オイルのせいで日焼けするということはなく、むしろ天然の紫外線カット力を備えているので積極的に使いたいですね。

※オイルだけでは防ぎきれない紫外線もあるので、日焼け止めとの併用は必要です。

化粧下地やクリームファンデーションにスイートアーモンドオイルを少量混ぜると、ひび割れや化粧崩れを防いでしっとりが続きます。

クレンジングとしても使えます

乾きにくく伸びがよいスイートアーモンドオイルは、メイク落としにも使えます。

市販のオイルクレンジングと同じ要領で、たっぷりと手にとって化粧にくるくるとなじませませるだけ。オイルの洗浄力で毛穴の汚れにもアプローチできますよ。

その後、洗顔→入浴→洗顔で油膜感も残らずスッキリ洗えて肌もモチモチに。

オイルの洗浄力とダブル洗顔の工程があるので、肌が薄い敏感肌の人にはおすすめしません。

【髪】ぬれた髪に少量揉み込むとしっとりまとまる

濡れた髪にアーモンドオイルを揉み込む
豊富なオレイン酸が乾燥やダメージのひどい髪にも強力に浸透し、しっとりツヤツヤにしてくれます。

髪の量が多くて収まりが悪い人、うねりのひどいくせ毛に特におすすめ。

比較的伸びが良いとはいえ、乾いた髪に直接つけるとムラになるので注意。

お風呂上がりのタオルドライをした髪に毛先からまんべんなくなじませましょう。

量はできるだけ少なめから始めて、毛量や長さにあわせて微調整してください。

乾燥がひどいときは入浴前のオイルパック

髪が枝毛ができたりごわつくハイダメージな状態ならオイルパックでスペシャルケアすることもできます。

髪にたっぷりのオイルをなじませて、タオルかシャワーキャップを被せて入浴。その後シャンプーで洗い流せば完了。

このとき、頭皮にも塗れば、フケやかゆみの対策もできちゃいます

【ボディケア】お風呂上がりの水気のある肌にたっぷり伸ばす

お風呂上がりがマッサージのベストタイミング
お風呂上がりの水分を含んだ肌はオイルの伸びが抜群に良くなります。

スイートアーモンドオイルをたっぷり手にとりマッサージしながら塗りましょう。

毎日全身に塗るのは面倒、という場合は、お風呂に大さじ3杯のスイートアーモンドオイルを混ぜてオイルバスにする手もあります。

簡単に全身くまなく保湿ができて、保温効果もバッチリ!

ベビーマッサージをする際は、部屋の温度や赤ちゃんの体調に気を配りながら行なってください。

スイートアーモンドオイルの使用イメージが湧いてきましたか?

色々な使い方を試して、全身しっとりやわらかな赤ちゃん肌を目指しましょう!

スイートアーモンドオイルの選び方

スイートアーモンドオイルの選び方のポイント
いざ使うとなったら迷うのが、どのスイートアーモンドオイルを選べばいいのか。

そこで美容オイルを選ぶときにチェックしたいポイントをまとめました。

【1】食用かスキンケア用かをまずチェック

アーモンドオイルには食用とスキンケア用があります。

スキンケア用は肌に刺激がないよう濾過してありますが、食用は風味を活かすために肌にとって刺激の原因になる不純物もそのままになっていることが多いです。

食用をスキンケア用に転用することも可能ですが、安全性を考えるとやはりスキンケア用を選んだ方が良いです。

【2】製法はコールドプレス(低温圧搾)か

コールドプレスとは、オイル本来の栄養を破壊しないよう熱を加えずに絞り出す製法です。

コールドプレスは加熱する製法や薬剤抽出に比べて時間と手間がかかる分割高になりがちですが、美容効果をしっかりと得たい人はぜひこちらを選びましょう

製法は、通常ラベルや商品ページに記載があるので簡単にチェックできます。

【3】未精製か精製済みか

スキンケア用のアーモンドオイルには、絞ったオイルを濾過しただけの未精製タイプと、化粧品用に精製したものがあります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、どちらがより自分の目的にあっているかで選びましょう。

メリット デメリット
未精製 栄養素が豊富で美容効果が高い 割高になりがち
精製済み 無臭で使いやすい
より低刺激
割安なものが多い
美容成分が精製過程で減ってしまう

人気の無印良品・生活の木のスイートアーモンドオイルはどう?

無印良品の美容オイルはプチプラで人気。生活の木のオイルは手作り石鹸や手作り化粧品を作りたい人がよく利用します。

この2大ブランドの影響でスイートアーモンドオイルを使ってみたくなった人も多いと思います。

上記の基準でそれぞれのスイートアーモンドオイルをチェックしてみましょう。

無印良品のスウィートアーモンドオイル

規格:50ml/100ml/200ml
スキンケア用
低温圧搾
精製済み

生活の木のスウィートアーモンドオイル

規格:25ml/70ml/110ml/250ml/500ml/1000ml
スキンケア用
低温圧搾
精製済み


無印良品のオイルも生活の木のオイルも低温圧搾なので、オイルの品質は高いと言えます。

また、精製済みなので美容効果はやや落ちますが、肌へのやさしさは◎。

オイル初心者でも安心して全身に使うことができるオイルなので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。

快適に使うために知っておきたい使用期限と保管方法

スイートアーモンドオイルは基本的に保存料無添加の100%ピュアオイルです。

言うなれば食品に近い存在なので、市販のケミカル系のスキンケア製品に比べて使用期限や保管方法は少し注意が必要です。

開封後2~3ヶ月が使い切りの目安

スイートアーモンドオイルの使用期限は意外に短いので、購入するときは大容量でコスパがいいものよりも、使い切れるサイズ規格を選びましょう

だいたい10mlあれば、朝晩のフェイスケアだけなら1ヶ月くらいもちます。

「クレンジングやボディケアに毎日ドバドバ使うよ!」という場合をのぞいて、初めてなら最小規格を選んでおくのが良いでしょう。

たとえ使用期限以内でも匂いや色が変わったりした場合は、肌荒れや油焼けの危険があるので使うのをやめてください。

冷蔵庫に保管するともう少し長持ちします

大抵の美容オイルは常温保存で問題ないのですが、スイートアーモンドについては劣化を防ぐため、しっかりと蓋をしめて冷蔵庫で保管するのがおすすめ。

ただ、冷えすぎると固まってしまうので、その場合はぬるま湯で湯煎をするか、常温の部屋で液体に戻るのを待ちましょう。固まったからといってオイルが劣化すルわけではないのでご安心を。

なお、オイルに直射日光は厳禁です。冷蔵庫の代わりに冬は外で冷やそう、という方は場所に注意してくださいね。




スイートアーモンドオイルで赤ちゃん肌を目指そう!
スイートアーモンドオイルは、しっとり柔らかな肌に導いてくれるコスパのよい美容オイル。

使用期限と保管方法には注意が必要ですが、赤ちゃんでも使えるやさしさとなめらかな使用感はピカイチです。

全身にどんどん使って、乾燥ダメージ知らずのみずみずしい肌と髪を手に入れてください♪

タイトルとURLをコピーしました