酸化が恐い美容オイルの保存方法まとめ!使用期限はいつ?冷蔵庫に入れるべき?

美容オイルの酸化を防ぐ保存方法
オイルといえば怖いのが酸化。美容オイルも例外ではなく、開封直後から空気に触れて酸化が始まります。

特に保存料無添加で100%ピュアオイルの場合、どのくらいで使い切ればいいのかどうやって保存すればいいのか心配。

実は酸化のしやすさや適切な保存方法はオイルの種類によって違います。

美容オイルの使用期限目安
直射日光の当たらない涼しいところに置いておくのが基本ですが、特にデリケートなオイルは冷蔵庫での保存が必要です。

酸化したオイルは、油焼けや肌荒れなどトラブルの原因になるので、それぞれのオイルの保存方法や使用期限をまとめておきます。

【私がこの記事を書いています】
ミナ
ミナ
30代。元高級エステ/化粧品通販ショップ勤務。奥深い美容オイルの魅力にはまり美容オイル専門webマガジン"ビューティーオイルジャーナル"編集長に。

各種オイルの使用期限目安

オイル名 使用期限の目安(開封後) 要冷蔵
フラックスシードオイル(亜麻仁油) 2ヶ月
ローズヒップオイル 2~3ヶ月(冷蔵するともう少し持ちます)
グレープシードオイル 2~3ヶ月
スイートアーモンドオイル 2~3ヶ月(冷蔵するともう少し持ちます)
アルガンオイル 3ヶ月
アボガドオイル 3~4ヶ月
アプリコットカーネル 3ヶ月~半年
セサミオイル(ごま油) 6ヶ月
オリーブオイル 6ヶ月
マカデミアナッツオイル 6ヶ月
椿油 半年〜1年
馬油 1年
スクワランオイル 1年
ホホバオイル 2年
ココナッツオイル 2年

ちなみに、未開封のものは2年が保管期限の目安です。

美容オイルはサロン向けの割安な業務用も販売されていますが、期限内に使い切れる量かどうかで選んだ方が無駄がありません

朝晩顔に使うとしたら、小さな50mlボトルでも2~3ヶ月くらいはもちます。初めて使うオイルは出来るだけ小さい規格を選ぶのをおすすめします。

紹介する使用期限・保存方法はあくまで標準的な目安で、製法やお住いの環境などによってばらつく可能性があります。また、メーカーによっておすすめする保存方法や使用期限は異なる場合があります。その場合はメーカー基準に従ってもらうのが確実です。

日光酸化に特に注意が必要なオイル

日光酸化に注意
酸化しやすいオイルの中には、日中使うと太陽光を受けて肌の上で酸化してしまうものがあります。

これらのオイルは夜専用にして、朝は使わないほうがよいとされています。

ローズヒップオイル、グレープシードオイル、フラックスシードオイル

美容オイル基本の保管方法

光を避ける

遮光瓶
ドレッサーの引き出しの中など、直射日光はもちろん、電気の光も出来るだけ避けられる暗い場所に置いてください。

容器に遮光ビンを使うとさらに良いです。

未開封の場合も同じように光を避けた保管が必要ですよ。

低温の場所を選ぶ

だいたい1~15度くらいで保管するのが理想的。特にデリケートなオイルは冷蔵庫保管が必要です。

オイルの中には冷えると白濁したり固まったりするものがありますが、常温の部屋においたり、20度程度のぬるま湯で湯煎すればまた使えるようになります。

蓋をしっかりしめて密封する

酸化は空気に触れることで起きるので、瓶の蓋はしっかり締めておきます。

また、大きな容器に少しだけオイルが入っているというのも空気に触れやすいので、小さなビンに移すと安全性が高まります

要冷蔵ではないオイルでも、使う分だけ小瓶にとりおいて、残りは冷蔵庫に入れるといった工夫をすると、酸化防止に有効です。

酸化しにくいオイルとブレンドする

酸化しやすいオイルは酸化しにくいオイル(ホホバオイルやオリーブオイルなど)とブレンドすると延命に繋がります。

美容オイルの酸化の見分け方

酸化した美容オイルのイメージ
食用油と同じで、美容オイルも酸化すると色、匂い、質感が変わります。

特に匂いはわかりやすく、古くなった油のような独特の匂いがします・・・。

使いきれないオイルを大量消費するワザ

このままだと使いきれなくて酸化させてしまう・・・!というときは、こんな使い方もあるので参考にしてください。

美容オイルクレンジング

美容オイルで化粧を落とす
クレンジングオイルのように、美容オイルをメイク落としに使います。

これには10滴程度のオイルが必要なので、普段のスキンケアの2~10倍オイルを消費します。

やり方は普通のオイルクレンジングと同じ。乾いた手でオイルをくるくるなじませたあと洗い流し、洗顔をして完了です。

使用感が軽くサラサラとしているオイル(スクワラン,アルガンオイル)は向いていません。

頭皮クレンジング・オイルヘアパック

頭皮や髪全体にオイルをなじませるので、一気に10mlほどオイルを使います。

詳しいやり方はこちらに詳しく書きました↓

美容オイルで健康なサラツヤ髪に!簡単オイルパックと頭皮ケアのやり方
美容オイルを使って髪のオイルパックと頭皮マッサージをする手順をイラストでわかりやすくまとめました。毛穴クレンジングと高保湿で根元からハリのある健康な髪に。ヘアケアに最適な美容オイルも紹介します。

バスオイル

小さじ1/4(約1.2ml)のオイルを湯船に投入するだけのお手軽な全身保湿ケアです。

オイルの膜の保温効果で体が冷えるのも防いでくれます。

家族に肌のデリケートな人がいる場合は控えましょう。特にナッツオイルはアレルギー注意です。

まとめ:基本ルールを守れば美容オイルは恐くない!

美容オイルの保管イメージ

  • 使用期限の目安はオイルの種類によって違うので都度チェック
  • 未開封なら2年が保存期限の目安
  • 光を避けて涼しいところに保管する(一部オイルは要冷蔵)
  • 酸化は油臭い匂いでわかる!

美容オイルは古くから世界各地で使われてきたものなので、必要以上に厳格に扱わなくても大丈夫です。

一方、保存料などが入っていないナチュラルなものは、市販の化粧品に比べ配慮と早めの使い切りが必要。
正しい保管でオイルの鮮度を守って、効果を実感してくださいね。

この記事を読んだあなたにおすすめの記事
タイトルとURLをコピーしました