美容オイルで健康なサラツヤ髪に!簡単オイルパックと頭皮ケアのやり方

美容オイルでヘアケア
美容オイルはスキンケアだけでなく、髪や頭皮にもとってもいいんです。

私は美容オイルでヘアケアをするようになってから、美容師さんに褒められるようになりました^^

「これだけいい状態をキープできてるのはすごいです。きちんとケアされてるんですね!」って言ってもらえたのですが、実はトリートメントも使わずに、オイルだけでケアしているんですよ。

今回は、美容オイルをふんだんに使ったスペシャルケア、頭皮マッサージとオイルパックのやり方を紹介します。

髪と頭皮におすすめの美容オイルもピックアップしているのでぜひチェックしてください。

【私がこの記事を書いています】
ミナ
ミナ
30代。元高級エステ/化粧品通販ショップ勤務。奥深い美容オイルの魅力にはまり美容オイル専門webマガジン"ビューティーオイルジャーナル"編集長に。

肌だけじゃもったいない!美容オイルが頭皮と髪にもたらすメリット

洗面所にはオイルを常備

毎日使うので、お風呂の外にオイルを常備しています。

皮脂に近い成分が自然なうるおいを与える

美容オイルは私たちが本来持っている肌の潤い成分に近い構造をしています。

加齢やドライヤー、紫外線で失われてしまううるおいを補うことで、自然で若々しい状態を取り戻すことができるんです。

毎日お風呂上がりにちょっとなじませるだけでも十分実感があります。

頭皮や髪についた汚れをすっきりクレンジング

オイルは汚れや頭皮の不要な皮脂を浮かせて落としてくれます。

毎日のシャンプーとは違う角度からのアプローチでスッキリ

血行促進と栄養補給で健康な髪の土壌が整う

オイルにはビタミンなど天然の栄養成分がたっぷり含まれています。

マッサージとの合わせ技で、健康な髪が育ちやすい頭皮環境をサポートします。

頭皮マッサージで汚れスッキリ!たるみも予防

頭皮は顔から繋がっているので、頂上の頭皮がたるむと顔も合わせて下がってしまいます

オイルで頭皮をほぐし引き締めることで、顔の輪郭までスッキリさせることができます。

お家でヘッドスパ!頭皮のオイルマッサージのやり方

【用意するもの】

    美容オイル・・・適量(10mlくらい)
    タオル・・・1枚
    サランラップorシャワーキャップ・・・1枚
    シャンプー・・・適量
    スポイトor詰め替えスプレー(なくてもOK)・・・1本

※先にお風呂に入って温まっておくと、より実感が高まります。
※頭皮を傷つけないよう爪は短くしておきましょう。

【STEP1】頭皮にオイルをつける

オイルヘッドスパ手順1

頭皮全体にオイルがいきわたるように、髪の束をとって持ち上げ、何回かに分けて少しずつ地肌に塗っていきます。

手で塗るのはオイルがたれてきて面倒なので、スポイトやスプレーなどがあると便利です。

【STEP2】指でオイルをなじませる

headspa2

指を髪の中に差し入れて、地肌全体にオイルがいきわたるように指をすべらせてなじませます。

【STEP3】耳のまわりの頭皮をマッサージ

headspa3

耳の上、耳の後ろ、えり足を指先で円を描くようにもみほぐします。

耳の上は気持ち引き上げる感覚で。

【STEP4】はちまわり~首の付け根をマッサージ

headspa4

頭頂部に指を置き、手のひらではちまわりをぐるぐるとマッサージします。

次に手を後ろにスライドさせて、親指で頭と首の境目を内から外に向けてくるくるもんでいきます。

【STEP5】頭のてっぺんをもみほぐし

headspa5

頭頂部に指を置いて、地肌を動かすようにゆっくりもみほぐします。

【STEP6】ホットタオルとキャップでスチームパック

headspa6

電子レンジであたためた濡れタオルを巻いて、上からシャワーキャップかラップで覆い5分待ちます。

【STEP7】シャンプーで洗い流して終了

シャンプーは2回します。

1度目は、シャンプーに水を混ぜて頭皮になじませて流します。

2度目は軽く普通のシャンプーをします。

滑らかなツヤ髪をつくる!オイルパックのやり方

日常のヘアケアでは抑えられない髪のパサつきや乾燥ダメージには、オイルパックで集中ケアをしましょう。

【用意するもの】

    美容オイル・・・適量(髪の長さや量にあわせて)
    ヘアブラシ
    タオル・・・1枚
    シャンプー

【STEP1】乾いた髪を丁寧にブラッシング

髪の毛の絡みをほどき、汚れを浮かせるために丁寧にブラッシングをします。

まずは絡まりやすい毛先からスタートして、中間、根元と3段階で行います。

【STEP2】オイルを手に取り髪になじませる

毛先から椿油をなじませる

オイルを両手ににたっぷりつけて、髪の毛に手ぐしをしてなじませます。

毛先のパサつきが気になる場合は最初に毛先から始めるといいですよ。

髪全体がしっとりしたらOKです。

【STEP3】ホットタオルで10分パック

電子レンジであたためた濡れタオルを巻いて、10分ほど放置します。

このとき、お風呂に入ってタオルの上からマッサージをするとさらにgood!

【STEP4】シャンプーで流していつもの仕上げを

パックが終わったら、シャンプーで流せば完了です。あとはいつもの仕上げとドライヤーを。

洗い流さないトリートメントとして毎日のヘアケアに取り入れる

頭皮マッサージとオイルパックは手間がかかるスペシャルケアなので、なかなか毎日はできませんが、もっと簡単に美容オイルをヘアケアに取り入れることができます。

お風呂上がりやセット前の濡れた髪に、少量のオイルを揉み込むようになじませるだけでも十分髪のパサつきを抑えることができます。

根元にオイルがたくさんついてしまうと、髪がべたついて見えてしまうので、毛先からなじませるのが鉄則です。

髪がしっとりまとまるだけでなく、ドライヤーの熱ダメージも軽減することができます。

ヘアケア・頭皮ケアにおすすめの美容オイル

数ある美容オイルの中でも、髪と頭皮のケアに向くオイルをチョイスしました。

ホホバオイル

美容オイルの中でももっとも活躍幅が広い万能選手。サラサラしていて、すぐになじむので快適に使えます。

皮脂過剰にも対応できるので、頭皮のベタつき対策にも

紫外線に強いので、外でのダメージから髪を守ってくれます。

椿油

ヘアオイルとして有名な椿油には、髪に浸透しやすい保湿成分、オレイン酸がたっぷり含まれています。

頭皮につかうとフケ対策や抜け毛予防になります。

セサミオイル

セサミオイルは化粧品用の精製されたゴマ油で頭皮のエイジングケアにはもってこい

アーユルヴェーダではデトックスのためによく使われるそうです。

ホホバオイルと同じく、洗い流さないトリートメントとして使えば、髪を紫外線から守ってくれます。(ただ、こってりした質感なので、量を加減するかホホバとブレンドするかしないとベタッとします)

アボガドオイル

ひじやかかとのガサガサした角質にも負けない高い角質への浸透力と保湿力が、頭皮と髪をうるおします

リッチで重い質感のオイルなので、滑らかさと伸びを出すためにホホバオイルなど軽めのオイルとブレンドして使うのをおすすめします。

カメリナオイル

髪をつややかにし、頭皮に柔軟性を与えてくれるので、ヘアケア用品や育毛製品にも多く使われているオイルです。

しかし、美容オイルの中でもマイナーな存在なので、販売しているところが限られていて手に入りにくいという難点が・・・。

 

オイルで頭のてっぺんから毛先までキレイになろう

美容オイルでケアすると、表面が滑らかでさらさらなのにしっとりまとまる子どものような髪になります。

肌も髪も全部お任せでるから、オイル美容はやめられないんですよね。

ぜひお試しあれ♪

タイトルとURLをコピーしました